赤ちゃんの写真をうまくとる撮影方法

赤ちゃんの日々の成長は、記憶だけではなく、思い出として記録していきたいですよね。カメラで撮った写真は3年後、5年後、もっと先の10年後に振り返ったとき、きっと何物にもかえられない大事な思い出になっているはずです。

大事な宝物になる赤ちゃんの写真を残しておくなら、うまく撮っておきたいですよね。誰もが簡単にできる赤ちゃんの写真をうまく撮るコツをご紹介します。

写真を撮るときの光の使い方

「フラッシュを使わない」、「自然光を取り入れる」、「100円ショップにあるものでレフ版にする」、「ストロボを使ってセミプロ写真に」をご覧になってください。

詳しくはこちらから
http://baby.garagaragara.com/snap/light

光の使い方で写真は良くなる

写真を撮るときのレイアウト(構図)

「背景をシンプルにする」「近寄ってアップで撮る」「家族やその時のおもちゃと一緒に」」をご覧になってください。

詳しくはこちらから
http://baby.garagaragara.com/snap/layout

赤ちゃん写真は構図で変わる

 写真撮影はカメラ機能をうまく使う

「連射モードを利用する」「撮影モードを変更する」をご覧になってください。

詳しくはこちらから
http://baby.garagaragara.com/snap/function

カメラ機能を使えば写真はぐっと良くなる

 写真を撮るときのひと工夫

「様々なアングルで撮影」「様々なシーンで撮影」「カメラを固定して撮影」をご覧になってください。

詳しくはこちらから
http://baby.garagaragara.com/snap/device

ちょっとした工夫で写真は良くなる